便秘解消には食物繊維?オリゴ糖?

便秘解消の為の食べ物としては、「繊維の多い物」が知られていますね。 ゴボウ、サツマイモ、とうもろこし、竹の子等の根菜類は、便秘解消の為に役立つもので、多く摂っている人も多いと思います。 これらの根菜類の食物繊維は水溶性ではないので腸まで届き、腸の中を掃除してくれるので、便秘が解消されます。

しかし、ここで意外と知られていない注意点があります。 今、述べたように、根菜類は水溶性の繊維ではありません。 その為水分を多く摂っていないと腸の中でその繊維が詰まってしまうのです。 便秘予防の為にも、普段から水分を多く摂っていれば良いのですが、意識して摂っていないとその繊維分が逆に便秘の元になってしまうことになります。 根菜類を食べる時は、水分も充分摂るように心掛けましょう。

また、食物繊維には水溶性のものあります。 昆布やワカメといった海藻類です。 こちらの水溶性の食物繊維と、不溶性の食物繊維を上手に組み合わせて摂ると良いでしょう。

また、便秘は腸内環境を整えると改善されることが知られています。 その為に、オリゴ糖を飲む人が増えています。 オリゴ糖は腸まで消化吸収されずに届き、そこで善玉菌であるビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌を育てます。

オリゴ糖自体が便通を良くするのではなく、善玉菌が増えるので腸内環境が良くなり、便秘が改善されるわけです。 便秘は体質や食べ物、運動、水分だけの所為ではなく、腸内環境を整えれば治るということも覚えておきましょう。